【昭和の芸能界か?】

3月29日(火)

皆さんこんにちは

31日(木)は臨時休業いたします

今日の記事

昭和の芸能界か・・

ようやく売れてきたのに・・

渡部とやっている事とおなじ

芸能界の「キノシタ」はロクなヤツがいない

木下ほうか“性加害”告発続々で映画界追放か 「業界の悪しき慣習を引きずるヤバい人間」の声

公開日: 更新日:
木下ほうか(C)日刊ゲンダイ
木下ほうか(C)

拡大する

 仕事相手の女優に対し、映画監督という優位な立場を利用して毒牙にかけていた榊英雄監督(51)。その告発が続く中、今度は俳優の木下ほうか(58)の性加害疑惑が浮上した。

木下はバイプレーヤーとして映画やドラマ、さらにバラエティーにも出演し、お茶の間にも知られた存在。NHKでも朝の連続小説「なつぞら」に大河ドラマ「麒麟が来る」、さらに4月から始まる連ドラ「正直不動産」では山下智久の上司役を務めることが決まっている。

週刊文春によると、木下は演技指導の名目で自宅に呼び出した女優に対し、「なんでできへんねん」などと怒り、悔しさのあまり泣きだすと「もういいから。こっち来いや」と寝室に連れていき、パンツをおろし、顔の前に性器を突き出すと、女優は抵抗したらもっとひどいことをされるかも知れないと怯えながら「早くこの時間終われ」と繰り返したという。

この女優とは別の女優はキスを迫られ、拒んだところ後日、「期待して、これから育ててあげようと思っていたのに残念です」というメールが送られてきたため、結果的に性行為に応じてしまったそうだ。

■「性的強要の疑惑を聞いても驚きません」

この報道後、複数のマスコミから取材がきたそうだが木下は応じていない。木下と何度も仕事をした制作スタッフはこう言う。

「打ち上げでハメを外さない若手俳優をあおったり、前の出演作品の共演者の話をしたら、『ヤッたのか? ヤッていない女の話はつまらないからするな!』と下品に一蹴していました。とにかく奔放な振る舞いが目に余り、業界の悪しき慣習を引きずるヤバい人間とは思っていました。性的強要の疑惑を聞いても驚きません。昨日今日の話ではないでしょう」

4人の女優から性被害を受けたと告発された榊英雄は監督した映画「蜜月」が公開中止に。クセの強い役柄で名バイプレーヤーの地位を獲得した木下だが、育ての親ともいえる井筒和幸監督も日刊ゲンダイの取材に「言語道断。本人が釈明し、悔いるしかない」と突き放していたように、プライベートの鬼畜ぶりが明らかになった以上、もはや起用する業界関係者はいないはず。映画界に居場所はない。

本日の逸品

定番メニュー

豚の角煮 黒砂糖仕立て

IMG_1436