【2試合連続も幻】

4月18日(月)

皆さんこんにちは

今日の記事

8回までパーフェクト

これは2試合連続の完全試合か!と思った矢先

まさかの降板 変わった投手が打たれて負けたんで

もう一イニングくらい・・

これは監督の判断だから仕方が無いか・・

佐々木朗希「8回完全投球」での降板いまだ波紋…“球界の至宝”を預かる監督の苦悩

公開日: 更新日:
ネット上では井口監督を支持する声が多い(C)共同通信社
ネット上では井口監督を支持する声が多い(C)共同通信社

拡大する

雄星に大谷に佐々木 なぜ岩手が“怪物”3人を輩出できたのか英断か? 大船渡監督の決勝“勝ち度外視”采配に数々の疑問練習試合で4回9K 大船渡・佐々木「12球団1位」に現実味

 その時の指揮官の心境はいかばかりか……。

八回裏の攻撃を終えた時点で、佐々木朗希の球数は102球。九回表に井口監督は、ゆっくり球審の元へと歩み、投手交代を告げた。

満員のゾゾマリンスタジアムは一斉にどよめき、日本ハムの新庄監督も「マジ?」と言わんばかりに天を仰いだ。2試合連続完全試合達成という前人未到の大記録を目前にして、まさかのハシゴ外しだ。

ロッテは佐々木朗希に関しては、慎重すぎるほどの起用を一貫させている。ルーキーイヤーの2020年は公式戦で一球も投げさせず、体づくりに専念させた。一軍デビューした昨季も登板間隔を中10日以上空け、球数も100球以下に徹底。シーズン終盤の10月になり、初めて中6日を解禁した。今季は開幕から中6日で先発ローテを守っているものの、球数は10日オリックス戦の105球が最多だ。

井口監督はそうしたチーム事情を誰よりも理解している。試合後は「今日は100球弱と思っていた。我々も最後まで見たかったし、ファンの方も見たかったと思うけど、先々を考えたら今日はあそこが限界だった」と説明し、「味方が点を取っていても八回で交代させていた。佐々木もへばりつつあった」と話した。

「英断」「ありえない」賛否両論の声

2019年夏の岩手大会、出場せず、ベンチで敗退を見守った佐々木(大船渡高校の国保陽平監督=右)/(C)日刊ゲンダイ
2019年夏の岩手大会、出場せず、ベンチで敗退を見守った佐々木(大船渡高校の国保陽平監督=右)/(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 とはいえ、指揮官の判断に賛否が出ているのも事実。「英断」と称賛する声もあれば、「残念」「ありえない」という声もネットでちらほら出ている。

同じように佐々木朗希の扱いに苦慮したのが、母校・大船渡高校の国保陽平監督だ。佐々木朗希が3年時の2019年夏の岩手大会、決勝で佐々木朗希を投げさせないまま、花巻東に敗退。甲子園への切符を逃した。

佐々木朗希は7月24日の準決勝で129球を投げており、決勝戦は翌25日。国保監督は「私の判断。故障を防ぐためだった」と説明したものの、エースを温存しての敗戦は地元のみならず、多くの野球ファンから袋叩きに遭った。

佐々木朗希と同じく「怪物」と呼ばれた大谷翔平(エンゼルス)も日本ハム時代、一塁にヘッドスライディングをし、栗山監督から「ケガをしたら困る。二度とやらせない」と厳重注意をされたことがある。

万が一、無理をさせて取り返しがつかないケガでもしたらーー。「球界の至宝」を預かる監督の心が休まることはなさそうだ。

本日の逸品
定番メニューから
京赤地鶏の塩焼き
SANY0011
柚子胡椒でどうぞ!