【大富豪】

4月23日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

日本の村上ファンド、ホリエモンを思い出す

桁違いの金持ちがもマネーゲームをするのはやめてもらいたい

米ツイッター買収提案 イーロン・マスク氏が突き付けた「5兆円の価値」

公開日: 更新日:
スーパーリッチ(テスラCEOのイーロン・マスク氏)/(C)AP=共同
スーパーリッチ(テスラCEOのイーロン・マスク氏)/(C)AP=共同

拡大する

追い込まれる「出光」コロナ禍で暗転、ベトナムでの合弁事業巡り北海道経済同友会の新代表幹事にセコマ丸谷会長 あの破綻銀行の“しんがり”だったみずほFG木原正裕新社長が旗振り役 グーグル提携の背景にある「ドラッガーの教え」

 電気自動車テスラの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は今月14日、米ツイッター社に買収提案した。拒否された場合に「プランB(代替案)がある」と述べ、米メディアはツイッターが買収防衛策の検討を始めており、協議は難航と予想した。

ツイッター株の約9%を取得し、筆頭株主のマスク氏は「(ツイッターは)言論の自由の場たるべきだ」とした。残りの同社株を買い付けるには400億ドル(約5兆円)規模の資金が必要とみられるが、「十分な資産がある」とした。

ウォールストリート・ジャーナルは、ツイッターが防衛策「ポイズン・ピル(毒薬条項)」を講じることを検討していると報じた。既存の株主に新株予約権を割り当て、マスク氏の保有比率を低下させる仕組み。

マスク氏は2002年、宇宙開発企業スペースXを設立。ロケットや宇宙船の設計、製造などを手がけている。スペースXは15年1月、グーグルとフィデリティから総額10億ドルの出資を受けた。20年5月には、民間で初めて国際宇宙ステーションへの有人飛行を実現させる快挙を達成した。

この事業意欲の旺盛なマスク氏のSNS買収で思い出すのは、1996年にソフトバンク(当時)がニューズ・コーポレーションと組んで、旺文社からテレビ朝日の株式21%を買い取り、翌年、朝日新聞社が買い戻した事案。また、05年にライブドアがフジテレビを狙って、ニッポン放送株の買収を手掛けた事案。いずれも報道・メディアの買収だった。

いまでは、テレビよりもインターネットを利用して情報を得る人が多い。「強者」のマスク氏は、ウクライナのゼレンスキー大統領がSNSを利用して自分たちの惨状を繰り返し世界に情報発信、ロシア非難に世論を先導し、主要国の議会でSNSを介して演説する姿などを見て、改めてSNSの成長性に目を見張ったのだろう。

■日本のテレビ局は5社合計で約1兆円
 さて、5兆円を日本企業の時価総額で見ると、セブン&アイ・ホールディングスの約4.9兆円、HOYA、東京海上ホールディングスの約4.7兆円、JT、ファナックの約4.3兆円を凌駕する金額である。

 日本に、ツイッター社のようなSNS事業者はいないが、地上波テレビ局の時価総額は日本テレビHD(3239億円)、TBSHD(2923億円)、テレビ朝日HD(1586億円)、フジ・メディアHD(2606億円)、テレビ東京HD(546億円)の合計でも約1兆円。マスク氏ならまとめて買収できるがマスク氏の食指は動かない。

いずれにしろ、今後、企業のリストラ、合従連衡が起きるのは「歴史の法則」か。国際情勢の激変にともなう、内外事業戦略の見直しによりM&A案件も増加する。企業の「強者の法則」の担い手でもあるM&A関連株に注目したい。

本日の逸品
めばると筍の煮つけ
IMG_E1497
季節の出会い物で調理します!