【100万しか・・?】

5月14日(土)
皆さんこんにちは
ようやく☔があがりました
今日の記事
通産省の官僚出身
一般企業で働いた事が無いので「たった100万しか」と言う発言になる
国会議員の年収3500万 これは世界国会議員の中で第3位の収入だ
ああ情けない
細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」
公開日: 更新日:
賃上げもなく物価高に苦しむ国民がわからない細田博之衆院議長(C)日刊ゲンダイ
賃上げもなく物価高に苦しむ国民がわからない細田博之衆院議長(C)日刊ゲンダイ

拡大する

日本維新の会に急接近でゴタゴタ…国民民主党のくだらない睨み合い岸田政権の肝いり「教育未来創造会議」提言に“令和の学徒出陣”の声…理工系や農学系だけなぜ「安倍カラー鮮明」「菅前政権は全否定」タカ派へと変貌を遂げた岸田首相

<さっさと辞めろ><守銭奴!>

国民から怒りの声が殺到している、細田博之衆院議長(78)が自民党議員のパーティーで、「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない」などと不満をもらした問題。ネットやワイドショー番組などで、この発言が報じられると、たちまち批判が続出。細田氏は12日夜、懇談した各党代表者らに対し、「あちこちから怒られて反省している」などと語ったという。

コロナ禍による景気悪化で賃上げも期待できず、さらに物価高、資源高に苦しむ庶民にとって「月額100万円」の固定収入は夢のまた夢だ。それなのに「100万円しか」とは驚くが、この発言に対し、「頭がおかしいとしか思えない」と断じるのが福田赳夫元首相の秘書で、自民党本部情報局国際部主事を務めた経験を持つ中原義正氏(79)だ。

中原氏は、細田氏の父で、第二次中曽根内閣で運輸大臣などを務めた吉蔵氏(享年94)と、当時の佐藤派(周山クラブ)などを通じて親しい関係にあったといい、「吉蔵氏は議員の間で『きっちゃん』などと呼ばれ慕われていた。人間味のある温かい人だった」と振り返りつつ、細田氏を「父親とは全く違う」と言い、「100万円しか」発言にこう苦言を呈した。

■日本の国会議員の厚遇は世界で群を抜いている

「『100万円しか』と言うが、日本の国会議員の厚遇ぶりは世界で群を抜いている。こうした非常識な発言を平気で言うのは、(細田氏が選挙などで)死に物狂いで汗をかいて国会議員になった経験がないからだろう。いわゆる世襲議員は、庶民生活の厳しい現実に目が向かないのだ」

「国会議員とは国民に奉仕する身であり、銭カネの話をするのは言語道断。しかも、衆院議長といえば国権の最高機関である国会で、三権の長という立場だ。まったく公僕としての自覚がないとしか言いようがない」
大企業の社長ぐらいのカネがほしいのであれば、国会議員をさっさと辞めればいいだけ。野党が求める予算委開会のために尽力することもなく、それでいて「もっとカネくれ」なんて卑しいにもホドがある。

本日の逸品
肉厚でいい
カマス入荷しました!
IMG_0958
炙りでご賞味ください!