【夢グループ】

5月31日(火)

皆さんこんにちは

明日から6月 はやい

今日の記事

またもや「夢グループ」の話

CDを「しーでぇー」と言う社長

「やすーい」、「うれしー💛」と言う昔の愛人

おもろい

モノマネする芸人が出てきそうだ

「夢グループ」が芸能界を明るくしている!往年の歌手たちに歌える場を与えた功績は大きい

公開日: 更新日:
石田重廣社長(C)日刊ゲンダイ
石田重廣社長(C)

拡大する

「夢グループ」名物社長が語る橋幸夫、黒沢年雄、チェリッシュ…所属歌手の給料制廃止の真相「夢グループ」の“こだわらない”商品開発 「売れ筋をマネして機能を良くして安く売るだけ」(後編)「夢グループ」社長自ら出演の“ゆる~い通販CM” 制作費1本2万円でも商品大ヒットのワケ(前編)

 昨年4月にスタートした「週刊さんまとマツコ」(TBS系)。苦戦が続き、この4月からは日曜午後1時30分と時間帯を変更。22日は「夢グループビヨンド」とし、夢グループを特集した。

実は昨年9月にも特集しており、その際に石田重廣社長が登場。社長とさんまが同じ7月1日生まれのB型という因縁や、育毛剤、痩せるクリームから始めた通販事業の話、所属タレント1号は狩人だったという話など年商151億9000万円の夢グループの全貌が明らかになった。

福島出身の石田重廣の手腕

狩人(C)日刊ゲンダイ
狩人(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 面白かったのは第1号所属タレントの狩人の売り方。「あずさ2号」などのヒット後は鳴かず飛ばず。当時、年間2本だった仕事が石田社長のマネジメントで120本に増えたとか。売り方がまた独特で芸能関係にコネもつてもない石田社長が通販のノウハウを生かし、全国の自治体や5000カ所のホテルにカタログを送付した。そこには1ステージ60分80万円、2ステージ120分160万円……。だが、160万円に×をつけて消し、赤字で100万円と。2ステージの方がお得じゃないか、となるらしい。

その手腕を見込んだチェリッシュや小林旭から所属タレント志願の電話がかかってきた。CMで「社長~」と甘えたような口調の女性との愛人疑惑も否定。彼女が三木たかしの秘蔵っ子で歌手の保科有里であることもわかった。

で、今回。再び社長と保科が登場。所属タレントが増殖し続け、経営圧迫、経営破綻の危機! とか。夢コンサートの模様をVTRで流したが、尾藤イサオ「あしたのジョー」、あべ静江「コーヒーショップで」、葛城ユキ「ボヘミアン」と、出てくるのが昭和のスターたちで、マツコも大興奮。

細川たかしと長山洋子の移動距離は1591キロ

長山洋子(C)日刊ゲンダイ
長山洋子(C)日刊ゲンダイ

拡大する

 1本のコンサートでギャラの予算は500万円以内だが、運営費はかさむ上にコロナ禍、ギャラを支払えないほど困窮していると社長。

そこで70歳以下の男性歌手は付き添いのマネジャーもメークもなし(女性はOK)というルールを課し、過酷なスケジュールで、ほぼ毎日1日2公演当たり前、日本のどこかで夢コンサートが行われている状態に。

その過酷さは細川たかし&長山洋子コンサートを例にとると6時30分に羽田空港に集合、ワゴン車で女満別空港から北見市民会館、終了後は紋別市民会館、さらに翌日に備え留萌市文化センターまで移動。2日間の移動距離は約1591キロ!

とはいえ、往年のヒット歌手たちに歌える場を与えた功績は大きい。29日は後編も放送するので要チェックだ。

石田社長様々。福島出身、ほんのり福島なまりがあるのもご愛嬌。逆に人柄のよさが際立つ。「ジャパネットたかた」の先代社長がテレビから遠ざかって、令和は石田社長。夢グループが芸能界と日本を明るくしている。

本日の逸品
天然たいあら炊き(かぶと煮)
IMG_0605
無言になる旨さ❣