【喝!】

6月6日(月)

皆さんこんにちは

今日の記事

上原の「喝」は軽いな

別の番組になったな

サンモニの人選ミス? 新御意見番の上原浩治氏が「喝!」を気安く言えないワケ

公開日: 更新日:
上原浩治(C)日刊ゲンダイ
上原浩治(C)日刊ゲンダイ

拡大する

河瀬直美総監督の公式映画「東京2020オリンピック」早くも閑古鳥…最後まで呪われている?宮崎あおいが格闘技&YouTubeデビューの元夫・高岡蒼佑「表舞台復帰」に気を揉むワケノブコブ徳井の新妻・藤田恵名は「一番脱げるシンガーソング・ライター」本紙に語った音楽とグラビアの“二刀流”への意気込み

「サンデーモーニング」(TBS系)のスタッフは、「とんだ見込み違いだった」とホゾをかんでいることだろう。張本勲に代えてスポーツコーナーの「週刊御意見番」に起用した上原浩治が、間もなく半年だというのに、いっこうに面白くならないのだ。番組の世帯視聴率もしばらくは張本時代と同じ14%台だったが、4月から急落して12%台に低迷。ネットでも「当たり前のことしか言わない」「何を聞かれても解説するだけ」と散々なのである。

上原はどこがつまらないのか。スポーツ番組ウオッチャーは「とにかく『喝!』『あっぱれ!』がトロ過ぎます」と言う。

「張本さんは、間髪を入れずに“宣告”し、しばしば暴走しましたが、それが一家言で小気味よかった。上原は呆れるような凡プレーにも快挙にも、なかなか喝もあっぱれも出しません。司会の関口宏に『上原さん、どうですか?』と促されて、『ああ、あっぱれです』では話になりませんよ。番組ではさまざまなプレーがVTRで流れますが、“ボーッと見てんじゃねえよ”と言いたくなります」

 日米通算100勝100セーブ100ホールドと成績は文句なし、雑草魂を自任する苦労人で、気持ちをストレートに出す性格などから御意見番向きと期待されたが、いかんせんプロ野球OBの世界ではまだ下っ端だ。OB界にはまず長嶋茂雄王貞治という重鎮がいて、そのはるか下に落合博満、田尾安志、江川卓、中畑清のうるさ型、その下に古田敦也、上原はさらに10歳若い。そして、現在の12球団の監督はすべて年上というのでは、「喝」など出せるわけがない。いや、「あっぱれ」とほめたって、「なにを偉そうに……何十年も早いわ」と言われてしまうだろう。あとは、メジャーリーグの日本人選手に「頑張ってほしいですね」とコメントするぐらいしかできない。TBS側のまったくの人選ミスである。

張本とのもう一つの大きな違いは、日頃の勉強量だ。

「張本さんは野球に限らず、サッカーゴルフ
、相撲、陸上、競馬などあらゆる競技についてコメントしました。毎日、スポーツ紙を隅から隅まで読んで、テレビのスポーツ番組を熱心にチェックしてるんだなあと感心しましたよ。半可通で、女子ボクシングを『嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合って』なんて言ってしまったりということもありましたけどね」(前出の番組ウオッチャー)

上原はアメリカからのリモート出演中に、「そっちでも見られるの」と優勝がらみで大相撲の話を振られても、「見られますけど、見てないですねえ」と役に立たない。おそらく、自分と周辺以外はあまり関心がない人なのだろう。

さてどうする? サンモニ。上原を半年で代えるわけにもいくまい。先月29日放送は、落合と中畑が臨時で御意見番を務めてにぎやかだった。そう、上原はアメリカからときどきリモートで出演して、スタジオの御意見番は“指名代打”というのではどうだろう。

(コラムニスト・海原かみな)

本日の逸品
新じゃがの素揚げ
2013y12m17d_130347174
ほくほく旨い!